日テレNEWS
国際
2018年4月9日 11:26

シリア「空軍基地にミサイル」米側は否定

シリアのアサド政権が反体制派に化学兵器を使用した疑いに関連して、シリアの国営メディアは先ほど、空軍基地にミサイルが撃ち込まれたと伝えた。しかしアメリカ側は、これまでのところ否定している。

シリアの国営メディアによると、中部のホムス近郊の空軍基地に数発のミサイルが撃ち込まれ、シリア側も応戦し、ミサイル8発を撃ち落としたという。

一方、ホワイトハウス関係者によると、「シリアに対し軍事行動はとっていない」と否定している。

シリアでは6日から、アサド政権側が首都ダマスカス近郊の反体制派の拠点・東グータ地区に対し空爆を行い、その際に化学兵器を使用した疑いが指摘されている。

トランプ大統領は8日、「大きな代償を支払うことになる」と対抗措置も辞さない考えを示していた。