日テレNEWS
国際
2018年4月10日 12:33

金委員長「米朝対話の展望を分析・評価」

北朝鮮の国営メディアは、金正恩委員長が「アメリカと北朝鮮の対話の展望を分析・評価し、今後の対応などを示した」と伝えた。金委員長の米朝対話についての言及が、北朝鮮メディアで報じられるのは初めて。

朝鮮労働党の機関紙・労働新聞は、党政治局の会議が開かれ、金委員長が「米朝対話の展望を深く分析・評価し、今後の国際関係に関する対応などを示した」と報じた。

北朝鮮メディアは、これまで米朝首脳会談について伝えておらず、金委員長の米朝対話に関する言及が報じられるのは初めて。

ただ、米朝首脳会談の焦点となる、非核化に関する発言は伝えられていない。

一方、今月27日に板門店で開催される韓国との首脳会談について、日時や開催場所が初めて報道された。