日テレNEWS
国際
2018年4月13日 11:04

ポンペオ氏「会談目的は米の核脅威に対処」

アメリカの新しい国務長官に指名されたポンペオ氏が12日、議会の承認に向けた公聴会に出席し、北朝鮮の体制転換を求めない考えを示した。

ポンペオ氏「(金正恩政権の)体制転換を主張したことはないし、求めてもいない」

国務長官に指名されたポンペオ氏は米朝首脳会談について、1回の会談で包括的な合意を結ぶのは現実的でないとの考えを示す一方、アメリカと北朝鮮がともに受け入れられる条件は設定できると述べた。

一方、日本政府は米朝首脳会談で拉致問題や短距離ミサイルについても取り上げるよう要請しているが、ポンペオ氏は、会談の目的はアメリカへの核の脅威に対処することだと明言した。

ポンペオ氏「日本や韓国などに抑止力を提供する必要はあるが、米朝会談の目的はアメリカに対する核の脅威への対処だ」

安倍首相は来週の日米首脳会談でトランプ大統領に直接、働きかける見通し。