日テレNEWS
国際
2018年6月13日 11:13

北メディア「世紀の出会い」首脳会談を報道

北朝鮮の国営メディアは米朝首脳会談を大きく報じ、両国関係を改善する上で重大な意義を持つと評価した。また、非核化をめぐっては、北朝鮮が主張する「段階的なやり方」で両首脳が一致したと伝えている。

朝鮮労働党の機関紙・労働新聞は13日朝、金正恩委員長とトランプ大統領の会談について、「朝米関係の新たな歴史をひらいた世紀の出会い」との大見出しをつけ、両首脳が握手する写真を大きく掲載した。また、「敵対的な過去を不問にして対話によって問題を解決しようとするトランプ大統領の意志を、金委員長が高く評価した」と伝えている。

北朝鮮が中止を求めている米韓合同軍事演習をめぐっては、金委員長が「中止する勇断を下すべきだ」と迫ったのに対し、トランプ大統領が「善意の対話が進んでいる間は演習を中止し、安全を保証する」「関係改善が進めば経済制裁を解除できる」との意向を示したと報じている。

そして、非核化の手法をめぐっては「両首脳が段階的で同時行動の原則が重要との認識で一致した」としている。非核化の手法については米朝間の溝が埋まらず、共同声明には盛り込まれなかったが、北朝鮮メディアはトランプ大統領が段階的な非核化を受け入れたとの見方を伝えている。