日テレNEWS
国際
2018年6月14日 15:26

ナイキ イラン代表にスパイク提供できない

サッカー、FIFAワールドカップの開幕を前に、異例の事態。スポーツ用品大手のナイキが、イラン代表チームに「スパイクを提供できない」との声明を出したことが分かった。トランプ政権による制裁措置が背景にあるとみられる。

アメリカに本社を置くナイキは、サッカー選手が使うスパイクも供給しているが、ロイター通信によると、大会の開幕前に「制裁措置により、アメリカの企業であるナイキは、イラン代表チームにスパイクを供給できない」との声明を出した。先月、トランプ政権が発表したイランに対する経済制裁を受けたものとみられる。

これに対し、イラン代表チームのケイロス監督は強く反発していて、「ナイキは不必要な声明を出した」などと述べ、選手らへの謝罪を求めているという。