日テレNEWS
国際
2018年7月13日 19:44

中国 今年上期の対米貿易黒字13.8%増

中国のアメリカに対する今年上期の貿易黒字が去年と比べ、13%以上増加していることがわかった。中国との貿易不均衡を問題視するアメリカの反発が予想される。

中国の税関当局が発表した今年1月から6月のアメリカに対する貿易黒字は1337億ドル(約15兆円)で、去年の同じ時期に比べて13.8%増加していることがわかった。アメリカのトランプ政権は中国との貿易不均衡を問題視していて、両国の貿易摩擦がさらに激化することが懸念される。

一方、北朝鮮との貿易総額は制裁の影響から去年の同じ時期と比べて59.2%減少し、特に、北朝鮮からの輸入額は88.7%の大幅なマイナスとなった。税関当局は会見で「中国は、国連の制裁決議を確実に守っている」と強調している。