日テレNEWS
国際
2018年8月1日 21:21

朝鮮戦争で死亡 米兵遺骨ハワイへ移送開始

7月27日に北朝鮮から返還された朝鮮戦争で死亡したアメリカ兵の遺骨について、アメリカ軍が1日、ハワイへの移送を開始した。

ソウル近郊の在韓米軍烏山基地では、1日午後5時からハリス駐韓大使や米軍の司令官らが参加し、遺骨をハワイに移送するための式典が行われた。

また、アメリカ国防総省は北朝鮮から返還された55柱の遺骨について予備調査を行い「遺骨は全て人間の骨でアメリカ人のものとみられる」と明らかにした。

北朝鮮からは遺骨の他にアメリカ兵の身元を示す認識票やヘルメット、ブーツなどの遺品も返還されたという。

今後、遺骨はハワイに移され、国防総省の研究所で身元の確認が進められることになる。