日テレNEWS
国際
2018年8月25日 7:24

来週の国務長官訪朝 トランプ氏が中止指示

来週に予定されていたアメリカ・ポンペオ国務長官の北朝鮮訪問について、トランプ大統領が中止するよう指示したことを明らかにした。

いっこうに進まない北朝鮮の非核化に業を煮やしたトランプ大統領が、最強の「ドタキャンカード」を切って北朝鮮を揺さぶっている。

トランプ大統領はツイッターで、ポンペオ国務長官に来週の訪朝を中止するよう指示したことを明らかにした。理由については「朝鮮半島の非核化に関して十分な進展がみられない」ためとしている。

北朝鮮は非核化よりも自分たちの体制の保証につながる朝鮮戦争の終結宣言が先だとの主張を強めているが、トランプ大統領は「まずは非核化だ」と強い姿勢をみせ、交渉の主導権を奪い返す狙いがあるとみられる。

さらに、トランプ大統領は中止の理由として、北朝鮮の後ろ盾である中国が「非核化で協力的ではなくなった」からと指摘。ポンペオ長官の訪朝は「中国との貿易関係が解決した後になる可能性が高い」との考えを示した。

貿易での対立が激化する中国に対し、北朝鮮問題も絡めて圧力をかける狙いがあるとみられる。