日テレNEWS
国際
2018年9月16日 12:02

中国への制裁関税「第3弾」17日に表明か

アメリカのトランプ大統領が中国への制裁関税「第3弾」の発動を早ければ17日にも表明する方針だと有力紙が報じた。

「ウォール・ストリート・ジャーナル」の電子版は15日、トランプ大統領が中国への制裁関税「第3弾」の発動を早ければ17日にも表明する方針だと伝えた。対象となる中国製品はこれまでで最大の22兆円相当だが、税率は予定していた25%から10%に引き下げるという。

アメリカの消費者への影響を軽減するためだが、中国が譲歩しない場合、25%に引き上げる方針だとしている。実際の発動は11月の中間選挙の数週間前になるとの見通しも報じている。