日テレNEWS
国際
2018年10月3日 14:11

中国トップ女優・范冰冰さん“脱税”で処罰

ハリウッド映画にも出演していた中国のトップ女優で、ことし6月から消息を絶っている范冰冰さんについて、中国の国営メディアは3日、范さんに脱税行為があり、当局が処罰したと伝えた。

中国国営の中央テレビによると、范冰冰さんは出演していた映画の出演料などをめぐり、ことし6月から中国・江蘇省の税務当局から税務調査を受けていた。

その結果、范さん個人の所得や范さんの個人事務所について、日本円であわせて42億円の脱税や税金の納付漏れがあったことがわかったという。このため税務当局は、先月30日付で范さん側に対し、追徴課税や罰金など、あわせて146億円あまりを納付するよう命じたという。

一方、范さんは3日午後、中国のSNS・ウェイボー上に「自分の行った行為について、深く反省し、皆さまにおわび申し上げます」などとする謝罪文を掲載した。