日テレNEWS
国際
2018年11月1日 4:44

サウジ記者は窒息死で遺体切断~トルコ検察

トルコで起きたサウジアラビア人記者殺害事件で、トルコの検察当局は、先月31日、死因は窒息死で、遺体は切断されたなどとする初めての公式発表を行った。

トルコ・イスタンブールの検察庁は、サウジ人記者のカショギ氏が先月2日にサウジ総領事館で殺害された事件について、先月31日、初めての公式発表を行った。

それによると、カショギ氏は「サウジ総領事館に入るなり、窒息させられて殺された」という。また、遺体は切断されて隠されたとして、殺害は計画的なものだとしている。

さらに、容疑者を取り調べているサウジ当局から遺体の隠し場所などについて具体的な情報は得られなかったという。

一方で、最大の焦点であるサウジのムハンマド皇太子の事件への関与については、言及していない。