日テレNEWS
国際
2019年1月5日 9:08

米・FRB議長 求められても「辞めない」

アメリカの中央銀行にあたるFRB(=連邦準備制度理事会)のパウエル議長は4日、FRB批判を強めるトランプ大統領に辞任を求められても「辞めない」と明言した。

パウエル議長(米・ジョージア州、4日)「(Q:大統領から辞任を求められたら?)辞めない」

FRBのパウエル議長は、4日の講演でこのように述べ、FRBに不満を示しているトランプ大統領に辞任を求められても「辞めない」と明言した。

また、パウエル議長はこの日に発表された雇用統計が好調だったことに触れ、「アメリカ経済は底堅い」と述べた。

一方、「市場が世界経済の先行きに懸念を示している」と発言。今年2回予定している利上げについて、「我々は柔軟に対応する」として、ペースを減速させる可能性も示唆した。

これを受け、米・ニューヨーク株式市場には安心感が広がり、ダウ平均株価の上げ幅は一時、830ドルを超えた。終値は前日比746ドル94セント高の2万3433ドル16セントで取引を終えている。