日テレNEWS
国際
2019年1月16日 9:14

武田薬品工業がNY上場 社長の狙いは…?

アメリカのニューヨーク証券取引所に上場した武田薬品工業が15日、記念セレモニーに臨み、出席した経営トップが上場の狙いを語った。

武田薬品は先月下旬、ニューヨーク証券取引所に上場し、日本とアメリカの両方に上場する唯一の製薬会社となった。今月8日にアイルランドの製薬大手の買収を完了したことで、売上高では世界8位の製薬会社となり、売り上げ比率も世界最大の市場であるアメリカが49%にまで上昇した。

武田薬品工業・ウェバー社長「(上場で)多様な投資家を呼び込むいい機会になる。武田薬品は日本ではかなり有名だが、この上場で本国外、特に米でも知名度が上がると思う」

ウェバー社長はNNNの取材に対し、上場を通じてアメリカでの存在感を高めるとともに、「研究開発にさらに投資していきたい」と語った。