日テレNEWS
国際
2019年2月5日 23:57

パリで火災10人死亡 酒に酔った女拘束

フランス・パリの高級住宅地で5日未明、アパートが燃える火事があり、これまでに10人が死亡、30人以上がけがをした。放火とみられている。

火事があったのは、高級住宅地として知られ日本人も多く住むパリ16区で、5日未明、9階建てのアパートから出火。およそ200人の消防隊員が現場に駆け付け、火は5時間後にほぼ消し止められたが、この火事でアパートの住民10人が死亡。消防士を含む30人以上がけがをしたという。

捜査当局は火災発生中に現場近くで車に火をつけようとした40代の女を拘束し、アパートに放火した疑いで調べている。

また現地メディアはこの女は当時、酒に酔っていて、火事がおきる前には隣の部屋の住民とトラブルになっていたと伝えている。