日テレNEWS
国際
2019年2月7日 12:56

“支配地域を100%奪還”来週にも発表か

シリアからのアメリカ軍の撤退を表明しているトランプ大統領は6日、来週にも、過激派組織「イスラム国」の支配地域を「100%奪還した」と発表するとの見通しを明らかにした。

アメリカ・トランプ大統領「おそらく来週には支配地域を100%奪還したと、正式に発表できるだろう」

トランプ大統領は「イスラム国」の掃討作戦を行う有志連合の外相会議で演説し、「イスラム国」がシリアとイラクで支配していた地域を完全に奪還したとの発表を、来週にも行うとの見通しを示した。アメリカ軍のシリア撤退を正当化する狙いがあるとみられる。

一方、ポンペオ国務長官は、撤退は「アメリカの戦いの終わりを意味しない」として、関係国に理解を求めた。

アメリカ・ポンペオ国務長官「米軍撤退は戦術的な変更だ。使命は変わらない。新たな段階に入っただけだ」

アメリカ軍の撤退が「イスラム国」の勢力復活につながるとの懸念の払拭に努めた形で、「アメリカは今後も『イスラム国』の撲滅に関与する」と強調した。