日テレNEWS
国際
2019年2月9日 9:19

記者殺害 サウジ当局により「計画・実行」

去年、サウジアラビア人の記者がトルコで殺害された事件をめぐり、国連の調査チームは7日、事件はサウジ当局により計画・実行されたとの声明を出した。

この事件は去年10月、サウジ人記者のジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ総領事館で殺害されたもの。先月からトルコで調査をしていた国連の調査チームは7日、殺害時に録音したとされる「おぞましい音声」を聴いたとした上で、「事件がサウジ当局によりあらかじめ計画され、実行されたものだと証拠が示している」との声明を出した。

さらに、「トルコによる公平で透明性のある捜査が妨害された」として、サウジ側の対応を批判した。調査結果は今年6月の国連人権理事会の会合で報告される予定。