日テレNEWS
国際
2019年2月14日 21:36

韓国首相「日本の一部政治家の言動」に苦言

日本と韓国の関係が悪化する中、韓国の李洛淵首相が14日、「日本の一部の政治家らが信頼に反する言動をしている」と苦言を呈した。

韓国・李洛淵首相「(日本の一部の政治家らが)自国内の嫌韓の流れに迎合しようとしているのか、信頼に反する言動をしている」

李首相は、14日に行われた韓国政府内の会議で、最近の日韓関係をめぐり、日本の一部の政治家らが「政治と外交の信頼を損なう行為をしている」と苦言を呈した。

また、「日韓関係の改善を願う身として、非常に残念だ」とした上で、「当事者らの慎重な振る舞いを求める」と述べた。

天皇陛下に元慰安婦への謝罪を求めた韓国の国会議長の発言やいわゆる元徴用工訴訟の問題などをめぐり、日本側から韓国側への厳しい批判が続いていることに対して、不快感を示した形。