日テレNEWS
国際
2019年2月19日 17:50

米朝首脳会談に向け、機運高まる ハノイ

来週に控えた米朝首脳会談、開催地ベトナム・ハノイでは街の中に看板や国旗が立ち始め、機運が高まっている。

現地で準備にあたる金正恩委員長の執事役とされるキム・チャンソン氏は19日、ベトナム外務省を訪れた。会談場所や宿泊場所などを視察した結果などについて意見を交わしたものとみられる。

また、ハノイ市内ではこんな動きも―。看板や両国の国旗が多く掲げられていて、会談に向けた機運が高まっている。

一方、首脳会談を目前に控えた実務者協議も始まる。北朝鮮側の窓口役となるキム・ヒョクチョル氏が19日午前、北京の空港に到着した。今後ハノイに向かい、アメリカ側の窓口役ビーガン氏と詰めの協議に入るとみられる。