日テレNEWS
国際
2019年2月22日 2:53

ベトナム・ハノイで米朝実務者協議再開

来週に迫った米朝首脳会談を前に21日、ベトナム・ハノイで米朝の実務者協議が再開された。

アメリカの協議の窓口役となるビーガン特別代表は21日午前、ハノイに到着し、ホテルに入った。午後には北朝鮮の金赫哲アメリカ担当特別代表ら代表団がアメリカ側のホテルを訪れ、今月上旬に平壌で行われて以来となる実務者協議を再開した。北朝鮮の代表団は4時間半にわたってアメリカ側のホテルに滞在し、突っ込んだやりとりが行われたとみられる。

北朝鮮は経済制裁の解除を強く求めているが、トランプ大統領は20日、制裁の緩和には「北朝鮮が意味ある何かをしなければならない」と述べ、具体的な非核化措置が必要だと強調している。首脳会談の直前まで米朝の綱引きが続くことになりそうだ。