日テレNEWS
国際
2019年2月27日 14:26

トランプ氏ハノイに 表情から何読み取れる

トランプ氏ハノイに 表情から何読み取れる
(c)NNN

2回目の米朝首脳会談がベトナム・ハノイで開かれる。日本時間26日午後11時過ぎ、ベトナムに到着したトランプ大統領。その表情からどんな様子が受け取れるだろうか。朝鮮半島情勢に詳しい早稲田大学大学院・李鍾元教授と、アメリカの政治外交に詳しい上智大学・前嶋和弘教授に聞いた。


――トランプ大統領の表情、どうでしょう。

前嶋教授)長旅で、もちろん金氏と比べるとトランプ氏の方が高齢ですので、疲労はあると思います。基本的に、北朝鮮に非核化をさせないといけないというのが前提だと思いますが、一方で、国内的にはうまくいったとPRもしないといけません。何とかしないといけないという決意は強く見えていると思います。


――トランプ大統領も金委員長もやはり思惑を秘めた表情と見ていいでしょうか。

李教授)それはもう当然ですね。今回は中身を出さないといけない会談ですので、真剣だと思います。


★今後のスケジュール
27日、日本時間午後8時半に、両首脳はハノイの高級ホテルで、1対1で短い会談を行い、その後、側近も交えて夕食会をする予定になっている。