日テレNEWS
国際
2019年2月28日 20:08

米朝首脳会談 非核化の溝を埋められず

ベトナムで開かれていた2回目の米朝首脳会談は、非核化をめぐる溝を埋められず、事実上の決裂で終わった。

アメリカのトランプ大統領は28日も合意のとりまとめに自信を示していたが、急転直下の物別れとなった。

アメリカ・トランプ大統領「すばらしい成功を得られると思う」

北朝鮮・金正恩委員長「私の直感として良い結果が出ると思う」

28日も、冒頭は前向きな空気の中で始まった。しかし、続いて行われた拡大会合の後、ホワイトハウスは「合意に至らなかった」と事実上の「決裂」を発表。

理由についてトランプ大統領は、北朝鮮が経済制裁の全面解除を強く求めてきたことを挙げた。

アメリカ・トランプ大統領「北朝鮮は経済制裁の全面解除を求めてきたので、私たちは交渉から立ち去るしかなかった」

トランプ大統領は、寧辺の核施設の廃棄だけでは制裁解除に「十分ではない」と判断したとし、制裁は継続する考えを示した。

すでに、トランプ大統領はワシントンに向けてベトナムを出発。一方の金委員長は来月2日まで滞在する予定。