日テレNEWS
国際
2019年3月2日 14:11

身柄引き渡し審理開始に中国「強烈な不満」

カナダ政府が中国通信機器最大手「ファーウェイ」副会長のアメリカへの身柄引き渡し審理を開始するとしたことについて、中国外務省は2日、「強烈な不満を表明する」との談話を発表した。

「ファーウェイ」の副会長・孟晩舟被告は、イランへの制裁違反に関与したとしてカナダで逮捕され、その後、アメリカが起訴し、身柄の引き渡しを要請していた。

カナダの司法省は1日、引き渡すかどうかを決める審理を開始すると発表。これに対し、中国外務省は談話で「中国国民の権利を甚だしく侵害している」と強く反発した。

悪質な政治事件であると指摘した上で、「強烈な不満と断固とした反対を表明する」として、カナダ側に厳正な申し入れを行ったことを明らかにし、孟被告の即時釈放を改めて求めた。