日テレNEWS
国際
2019年3月2日 20:33

スペースX有人宇宙船 無人で打ち上げ実験

アメリカの民間宇宙企業「スペースX」が開発した新型有人宇宙船の無人打ち上げ実験がフロリダ州で行われた。

アメリカの民間宇宙企業「スペースX」が開発した新型有人宇宙船「クルードラゴン」は日本時間2日午後4時50分ごろ、ケネディ宇宙センターから打ち上げられた。「クルードラゴン」は最大7人乗ることができる最新鋭の有人宇宙船だが、今回は無人の状態で、映画「エイリアン」の主人公の名前をつけた人形だけを載せて打ち上げテストが行われた。

NASA(=アメリカ航空宇宙局)は、2011年にスペースシャトルが退役して以降、ロシアの宇宙船「ソユーズ」を使って宇宙飛行士を国際宇宙ステーション(=ISS)に運んでいるが、アメリカ本土からの有人宇宙飛行再開を目指して、民間企業に宇宙船の開発を依頼していた。

ケネディ宇宙センター ボブ・カバナ所長「今回の試験飛行に興奮している。ケネディ宇宙センターからまた宇宙飛行士が実際に打ち上がるのを見られるのが待ちきれない。8年ぶりのことで、実現してほしい」

順調にいけば、「クルードラゴン」は日本時間3日夜にも国際宇宙ステーションにドッキングする予定。今回のテストがすべて成功すれば、今年中にもアメリカ本土から宇宙飛行士を乗せて打ち上げる予定で、アメリカの宇宙開発の歴史に新たなページが刻まれることになる。