日テレNEWS
国際
2019年3月5日 17:31

ロシア INF全廃条約履行停止の大統領令

ロシアのプーチン大統領は4日、アメリカとのINF(=中距離核ミサイル)全廃条約の履行を停止する大統領令に署名した。条約の失効がさらに現実味を増した形。

ロシア大統領府は4日、INF全廃条約をめぐって、「アメリカの違反への対策をとる必要がある」として、プーチン大統領が履行停止を命じる大統領令に署名したと発表した。大統領令では、「アメリカが違反を改善するか、条約が失効するまで、履行を停止する」とされている。

条約をめぐっては、先月、アメリカがロシアの違反を理由に破棄することを通告。プーチン大統領はこれを受けて、条約の履行停止と新型ミサイルの開発を進める考えを示していた。

今回の大統領令への署名によって、条約の失効がさらに現実味を増した形。