日テレNEWS
国際
2019年3月15日 14:23

NZモスクで銃乱射 数十人が死亡か

ニュージーランドで15日、イスラム教の礼拝所・モスク2か所で銃の乱射事件があり、複数の地元メディアは死者は数十人に上る恐れがあると伝えている。

警察などによると日本時間15日午前10時ごろ、クライストチャーチにあるモスク2か所でほぼ同時に銃の乱射事件があった。地元メディアによると、軍服のようなものを着た男がモスクで銃を乱射し、死者は数十人に上る恐れがあると伝えている。

目撃者「(男は)ドアのあたりから銃を撃っていた。モスクの裏に走って隠れ警察を呼んだ」「銃をめちゃくちゃに乱射していた」

警察は容疑者1人の身柄を拘束したと発表したが、容疑者はもう1人いたとの情報もある。また地元メディアは目撃者の話として2人のうち1人は、オーストラリア生まれの白人で30~40歳代とみられ、足に複数の弾倉を巻き付けていたと伝えている。

15日の金曜日は、イスラム教の集団礼拝の日で事件当時モスクには300人以上がいたということで、今後さらに犠牲者の数が増える可能性がある。

これまでに日本人の被害に関する情報はない。