日テレNEWS
国際
2019年3月21日 12:17

トランプ氏 米中合意も制裁関税維持を示唆

アメリカのトランプ大統領は20日、米中が貿易協議で合意に達しても、現在、中国に課している制裁関税を維持する可能性を示した。

トランプ政権はこれまでに2500億ドル、日本円にして約28兆円相当の中国製品に制裁関税を課していて、中国側は撤廃を求めている。

しかし、トランプ大統領は20日、貿易協議が合意に達した場合でも制裁関税を維持する可能性を示した。

トランプ大統領「政権内では制裁関税撤廃の話はしていない。かなりの期間、維持する話をしている」

理由については、過去、中国がアメリカとの合意を履行しなかったことを挙げ、「中国が必ず合意に従うようにする必要がある」と説明した。

来週、北京で行われる閣僚級の協議でもこの制裁関税の扱いが焦点となりそうだ。