日テレNEWS
国際
2019年3月30日 20:35

ロシア疑惑の報告書 来月中旬までに公表へ

アメリカのバー司法長官は29日、ロシア疑惑の捜査報告書を来月中旬までに公表することを明らかにした。トランプ大統領は「隠すものはない」と述べ、身の潔白は変わらないと自信を見せている。

これはバー司法長官が議会に出した書簡の中で明らかにしたもの。公表される捜査報告書は400ページ近くあり、秘匿が必要と情報機関が判断した部分などには編集を加えるとしている。

バー長官は24日に4ページの「概要」を公表したが、野党・民主党は全面公開を求めていた。

トランプ大統領「私には何も隠すことはない。捜査はでっち上げで魔女狩りだ」

トランプ大統領は29日、公表しても身の潔白は変わらないと自信を見せた。透明性をアピールし、民主党の追及の芽を摘み取りたい狙いがあるとみられる。

報告書では、バー長官が「証拠不十分」と判断した大統領による「司法妨害」に関して新事実が出てくるかが焦点となる。