日テレNEWS
国際
2019年4月30日 15:19

トランプ氏、退位を前に両陛下へ「感謝」

天皇陛下の退位を前に、アメリカのトランプ大統領やハガティ駐日大使がコメントやビデオメッセージを発表した。

トランプ大統領は2017年に日本を訪れ、天皇皇后両陛下と約30分にわたり懇談している。大統領は、日本時間の30日、天皇陛下の退位を前に「アメリカを代表して天皇皇后両陛下に心から感謝する」との声明を発表。

また、平成の間に東西冷戦が終結を迎えたことにも触れ、「日米の2国間関係は当時の世界的課題を乗り越えるために極めて重要だった」と強調している。その上で、「新しい時代を迎える日本と、協調と協力の伝統を継続することを楽しみにしている」と期待感を示した。大統領は来月、国賓として日本を訪問し、海外の首脳として初めて新天皇と面会する予定。

また、アメリカのハガティ駐日大使もビデオメッセージを公開した。

ハガティ駐日大使「日本中の友人や仲間と共に令和の始まりを迎えることができうれしく思う。両国の不朽のパートナーシップは、今後も美しい調和で続くだろう」

メッセージでは、アメリカの歴代大統領が天皇陛下と面会した際の写真も紹介されている。