日テレNEWS
国際
2019年5月7日 22:15

米中“貿易戦争” 中国側、米国をけん制

アメリカが中国製品への関税引き上げを表明したことについて、中国外務省は「関税引き上げは、いかなる問題も解決することはできない」とアメリカをけん制した。

アメリカのライトハイザー通商代表は、2000億ドル、日本円で22兆円相当の中国製品に課している制裁関税を、10日に25%に引き上げると正式に表明、中国が交渉の中で「約束を破った」と厳しく批判している。

これに対して中国外務省の報道官は7日の会見で、アメリカをけん制した。

中国外務省・耿爽報道官「互いに尊重し、双方に利益があることが合意の前提であり、関税の引き上げはいかなる問題も解決できない」

その上で報道官は、「両国の間に違いがあるのは正常なことであり、矛盾をさけることなく、誠意をもって協議を続ける」と述べ、アメリカとの貿易交渉を続けていく姿勢をあらためて示した。