日テレNEWS
国際
2019年5月20日 10:43

大使館集中の区域にロケット弾 イラク

イラクのバグダッドで19日、各国の大使館が集まる地区にロケット弾が撃ち込まれた。アメリカはイランとの緊張が高まる中、隣国のイラクの大使館員らに国外退避を指示したばかりで、情勢が一層、緊迫する可能性がある。

イラク軍は19日、バグダッドの大使館などが集まる地区に、何者かがロケット弾を撃ち込んだと発表した。ケガ人は出ていないとしている。

アメリカは先週、「イランが支援する武装勢力からの差し迫った脅威がある」として、イランの隣国であるイラクのアメリカ大使館員らに国外退避を指示したばかりだった。

トランプ政権がイラン周辺の海域に原子力空母を派遣するなど緊張が高まる中、今回の事件を受けて、情勢が一層、緊迫する可能性がある。