日テレNEWS
国際
2019年5月27日 22:10

米補佐官は「出来損ない」北報道官が非難

北朝鮮外務省は27日、アメリカのボルトン大統領補佐官を「出来損ない」などと非難した。

北朝鮮外務省の報道官は27日、国営メディアを通じて、トランプ政権で安全保障を担当するボルトン補佐官を「平和と安全を破壊する安保破壊補佐官だ」と非難。さらに、「出来損ないは一日も早く消え去るべきだ」と主張した。

ボルトン補佐官が25日、北朝鮮が今月上旬に発射したのは短距離弾道ミサイルで、国連安全保障理事会の制裁決議に違反すると発言したことに反発したもので、「我々の正常な軍事訓練に対する言いがかりだ」としている。

北朝鮮としては、強硬派の代表格であるボルトン補佐官をトランプ大統領から引き離し、アメリカとの非核化交渉で譲歩を引き出したい考えがあるとみられる。