日テレNEWS
国際
2019年7月1日 12:25

香港返還記念式典 デモ隊と警官隊の衝突も

香港が中国に返還されてから、1日で22年。現地では中国本土への容疑者引き渡しを可能にする逃亡犯条例改正の撤回を求め、市民らが抗議活動を行い、一部が警官隊と衝突した。

記念式典の会場近くでは、警官隊が催涙スプレーを使い、詰めかけた若者たちを押し戻すなど、にらみ合いが続いている。

香港では、中国への返還22年を記念する式典が行われていたが、会場周辺などでは逃亡犯条例の改正撤回を求める市民ら数千人が集まり、一部が警官隊と衝突した。市民らは中国に対し、香港の自治に介入しているとも非難している。

この式典には香港や中国政府の関係者が参加していて、治安当局は5000人態勢で会場周辺を封鎖している。

香港政府トップの林鄭長官は式典で、「民意を正確に把握することの重要性がよく分かった」と述べたが、市民が求める条例改正の撤回には言及しなかった。

民主派団体は、午後にも大規模デモを呼びかけていて、100万人前後の市民が参加するとみられている。