日テレNEWS
国際
2019年7月2日 11:46

米中協議 トランプ氏「米有利でなければ」

トランプ大統領は1日、アメリカと中国の貿易協議が再開したと明らかにしたうえで「アメリカにとって有利な内容でなければならない」と述べ、中国側の譲歩を求める姿勢を強調した。

大阪の米中首脳会談では双方が貿易協議の再開で合意したが、トランプ大統領は1日、すでに電話での対話が始まったとしたうえで、アメリカに有利な合意を求める考えを改めて強調した。

トランプ大統領「中国は長年有利な立場にあり、米にとってより良いものにする必要がある」「50対50の対等な取引にはできない。我々に有利でなければならない」

また、これまでの制裁関税の影響で企業が中国を離れているため、「習主席が態度を変えるだろう」と譲歩に期待感を示している。

両国はひとまず制裁合戦の激化を回避したものの、中国に譲歩を求める大統領の姿勢は変わっておらず、主張の溝を埋められるのかは依然、不透明。