日テレNEWS
国際
2019年7月12日 14:28

エア・カナダ旅客機 乱気流で37人重軽傷

カナダからオーストラリアに向かっていた旅客機が、11日、乱気流に巻き込まれ乗っていた37人が重軽傷を負った。

乱気流に巻き込まれた直後の旅客機内の映像では、天井からは酸素マスクが垂れ下がっているのが確認出来る。

エア・カナダによると、旅客機はカナダのバンクーバーを離陸しオーストラリアのシドニーに向かっていたが、途中で、乱気流に巻き込まれ、ハワイのホノルルに緊急着陸した。

機内には、乗客・乗員あわせて約280人が乗っていて、ハワイの当局によると、このうちの9人が重傷、28人が軽傷を負ったという。

アメリカメディアによると、乱気流に巻き込まれた際、多くの乗客が天井にぶつかり、機内には叫び声が響いたという。