日テレNEWS
国際
2019年7月22日 21:47

ハガティ駐日米大使が帰国 2年間振り返る

先週、辞任を発表したアメリカのハガティ駐日大使が22日、帰国の途につき、2年間の日本での任期を振り返った。

ハガティ駐日大使は22日午後、家族とともに羽田空港から帰国の途についた。2017年8月の就任以来、約2年間の駐在を終えたハガティ氏は、記者から退任の理由について聞かれると、「その時期がきたからだ」と述べるにとどまった。

ハガティ駐日大使「(Q:なぜ<日本を>去るのか?)(退任の)時期がきたからだ。令和の新時代において日本の人たちがわが国の大統領を最初の国賓として迎えたことが一番光栄だった。東京五輪開催まで日本にいられなかったことが最も残念。サヨナラ、ジャパン」

ハガティ氏をめぐっては来年の上院議員選挙に出馬する見通しだと、トランプ大統領が明らかにしているが、ハガティ氏本人は出馬に関してはコメントしなかった。