日テレNEWS
国際
2019年8月16日 10:46

北が飛しょう体発射 先月25日以降6回目

韓国軍によると、北朝鮮は16日朝、日本海に向けて飛しょう体を2回発射した。

韓国軍によると、北朝鮮は16日朝、東部の江原道・通川一帯から日本海に向けて、飛しょう体を2回発射した。飛しょう体の種類など詳細はまだ明らかにされていない。

北朝鮮は韓国で行われている米韓合同軍事演習に反発し、ミサイルなどの発射を繰り返していて、先月25日以降、これが6回目。

また、韓国の文在寅大統領が15日に行った演説で、南北の経済協力の推進に強い意欲を示したことなどについて、北朝鮮側は反発を示している。

北朝鮮の対韓国の窓口機関「祖国平和統一委員会」は報道官談話で「合同軍事演習が盛んに行われている時に、対話の雰囲気だの平和経済だの、どんな心づもりで吐くのか」などと批判した上で、韓国側と「二度と向き合う考えもない」と表明した。また、談話では文大統領の名指しを避けつつも、「本当にまれに見る図々しい人だ」などと批判している。