日テレNEWS
国際
2019年9月8日 8:33

香港予断許さず きょうも複数場所で集会か

香港では、デモのきっかけとなった逃亡犯条例改正案の撤回が発表されてからも市民らの反発が続いている。空港などでは警察が警戒態勢を強化して、押さえ込みをはかっている。

交通機関への妨害が呼びかけられていた香港の空港で7日、3000人規模の警官が動員され、空港に向かうバスなどの車両に乗り込んで内部のチェックを行うなど警戒にあたった。

逃亡犯条例改正案の「撤回」を発表し、事態の沈静化を図った香港政府としてはこれ以上の混乱は避けたいところで、空港の機能などに影響が出る前に徹底的に排除する姿勢を示したものとみられる。

一方、香港中心部の警察署近くでは、夜になって、デモ隊と警官隊がにらみ合う場面も見られたが、大きな衝突は起きなかった。

8日も複数の場所で集会が呼びかけられていて、事態がいつ収束するのか、予断を許さない状況。