日テレNEWS
国際
2019年9月13日 5:48

アフガンで自爆テロ タリバンが犯行声明

アフガニスタンの首都カブールで12日、軍の施設を狙ったとみられる自爆テロがあり、兵士ら少なくとも4人が死亡した。反政府勢力「タリバン」が犯行声明を出している。

自爆テロがあったのは、首都カブールにあるアフガン軍特殊部隊の施設近くで、12日、爆弾を積んだ車が爆発した。

アフガン内務省によると、施設の入り口を警備していた兵士4人が死亡したほか、3人がケガをしたという。

この自爆テロについて反政府勢力「タリバン」が声明を出して犯行を認めている。

アフガニスタンで「タリバン」による自爆テロが起きるのは、アメリカのトランプ大統領が今月7日、「タリバン」との和平交渉打ち切りを表明して以降、初めて。