日テレNEWS
国際
2019年9月23日 12:17

不正疑惑巡り…チョグク法相宅を初の捜索

韓国の文在寅大統領の側近・チョグク法相と家族をめぐる一連の不正疑惑にからみ、検察は23日、チョ法相の自宅の家宅捜索に初めて着手した。

韓国の検察は午前9時ごろ、チョ法相の自宅の捜索を始めた。韓国メディアが伝えたもので、検察が、チョ法相と家族に対する強制捜査に乗り出したのは、初めて。

家族ぐるみの不透明な投資などをめぐり、チョ法相本人の立件を視野に入れたものではないかとの見方が出ている。

こうした中、一部の韓国メディアは、チョ法相がソウル大学に在籍していた際、当時、高校生だった娘が大学でインターンを行ったとする虚偽の証明書を自ら発行したのではないかとの疑惑を伝えた。

チョ法相はこれを強く否定している。

チョ法相「これは本当に我慢できない。法的措置を取ることを真剣に考えている」

検察は近く、チョ法相の妻から事情を聞く方針で、チョ法相本人と任命を強行した文政権への逆風が強まりそうだ。