日テレNEWS
国際
2019年9月25日 10:30

文大統領“北朝鮮の「体制の安全」保証を”

韓国の文在寅大統領は24日、国連総会で演説し、北朝鮮が非核化の見返りとして求めている「体制の安全」を、国際社会としても保証すべきとの認識を示した。

文大統領「北朝鮮が誠意を持って非核化を実践していくなら、国際社会も、これに応える姿を見せるべき」

文大統領は演説で、北朝鮮の安全を保証する具体策として、南北の軍事境界線沿いにある非武装地帯で国際社会が協力して地雷の撤去などを進めようと提案した。将来的には、「国際平和地帯」として南北で世界遺産登録を目指すとしている。

また、米朝の非核化交渉については、「両首脳が、もう一歩、大きく踏み出すよう願う」と再開への期待を示した。北朝鮮に対しては、対話が続く間は挑発をやめるようクギを刺した。

一方、文大統領は今回、対立が続く日本への直接的な批判は避けた。ただ、東アジアの発展には、過去を反省し、自由貿易の価値を守ることが必要との認識を示し、歴史問題や輸出管理をめぐる日本の対応を暗にけん制している。