日テレNEWS
国際
2019年10月31日 13:04

フィアットとPSA 経営統合で合意

欧米自動車大手、フィアット・クライスラーと、プジョーなどを傘下に持つフランスの大手、PSAが、経営統合することで合意したとアメリカメディアが報じた。

アメリカの有力紙、ウォール・ストリート・ジャーナルは30日、フィアット・クライスラーとプジョーなどを傘下に持つPSAが経営統合することで基本合意したと報じた。

経営統合によって両社の世界販売台数は合わせて870万台となり、世界首位のフォルクスワーゲン、2位のルノー・日産・三菱の自動車連合、3位のトヨタ自動車に次ぐ世界第4位の自動車メーカーになる。

報道では、合併後の新しい会社の会長にはフィアット・クライスラーの会長、CEOにはPSAのCEOが就任し、対等合併を目指すとしている。

フィアット・クライスラーはことし5月、フランスのルノーに対し経営統合を提案したが、フランス政府が統合決定の延期を求めたことなどから、実現しなかった。