日テレNEWS
国際
2019年11月19日 14:09

ファーウェイ“禁輸”例外措置を延長 米

中国の通信機器大手、ファーウェイへの事実上の禁輸措置をめぐりアメリカは18日、一部の分野に限り取引を認めている例外措置をさらに90日間延長すると発表した。

トランプ政権は、アメリカ企業にファーウェイとの取引を事実上、禁じているが、保守に関わる分野に限り例外的に取引を認める猶予期間を設けている。

この措置が期限を迎えた18日、アメリカ商務省はさらに90日間延長すると発表した。ただし、事実上の禁輸措置そのものは続けるとしている。

一方、CNBCは米中の貿易協議をめぐり、中国政府関係者が第1段階の合意への署名について「中国側は悲観的だ」と話したと伝えた。中国が求める追加関税の撤回に、トランプ大統領が否定的な考えを示したためだということで、協議の行方は見通せない状況。