日テレNEWS
国際
2019年11月21日 19:13

韓国・チョ前法相 検察が2回目の事情聴取

韓国の文在寅大統領の側近だったチョ・グク前法相は21日、2回目となる検察の事情聴取を受けている。チョ氏は、初回の聴取に続き、供述を拒否するとみられる。

ソウル中央地検によると、チョ・グク前法相の事情聴取は、午前9時半から非公開で行われている。検察がチョ氏から事情を聞くのは1週間ぶり2回目で、娘の不正入学や家族ぐるみの不正な投資をめぐり、チョ氏本人の関与を追及する方針。

ただ、チョ氏は初回に続き、21日の聴取でも供述を拒否するとみられ、検察は21日で聴取を切り上げるとの見方が出ている。

一連の疑惑が文大統領の政権運営にも影響を及ぼしてきただけに、検察がチョ氏の逮捕や起訴にまで踏み切るかが今後の焦点になるが、チョ氏はすでに、法廷で全面的に争う姿勢を示している。