日テレNEWS
国際
2019年12月26日 11:06

チリで大規模火災 150軒以上が被害

南米のチリで森林火災が発生し、丘陵地帯などの住宅150軒に燃え広がる大火災となった。

チリの首都サンティアゴから西に120キロほど離れたバルパライソの町で24日、丘陵地帯の森林や住宅が広範囲にわたって燃えた。

AP通信によると、消防隊がヘリコプターから放水するなどして鎮火にあたったが、全焼した家も多くあり、被害は150軒以上にも及んだという。

南半球に位置するチリは現在、夏を迎えているが、地元の消防隊によると高い気温によって森林地帯から火が上がり、強風によって住宅地にも燃え広がったという。