日テレNEWS
国際
2019年12月31日 16:20

韓国・チョ前法相 収賄などの罪で在宅起訴

韓国の検察当局は31日、前法相のチョ・グク氏が娘の不正入学など家族をめぐる一連の疑惑に関わったとして、収賄などの罪で在宅起訴した。チョ被告側は全面的に否認している。

韓国の前法相、チョ・グク被告について31日、ソウル中央地検は12の罪で在宅起訴した。

検察は娘が大学院への進学で受け取った奨学金をチョ被告への賄賂と判断したほか、自宅への捜索前にパソコンのハードディスクを交換させた証拠隠匿教唆などの罪も適用した。

チョ被告は任意の事情聴取で関与を全面的に否認している。また、韓国大統領府は「大山鳴動してねずみ一匹。捜査の意図すら疑われる結果だ」と検察を批判した。

家族をめぐる一連の不正事件についてはこれで捜査が終結し、今後、法廷で検察との攻防が行われることになる。ただ、チョ被告についてはこれとは別に政府機関の元幹部の不正もみ消し疑惑などでも検察の捜査が進められている。