日テレNEWS
国際
2020年1月9日 0:30

イラン報復 トランプ大統領の思惑は…

イランの精鋭部隊「革命防衛隊」は8日、ソレイマニ司令官殺害の報復として、隣国・イラクにあるアメリカ軍の基地に多数の弾道ミサイルを撃ち込んだ。ワシントン支局から矢岡亮一郎記者が最新情報を伝える。

トランプ大統領が日本時間9日午前1時にカメラの前で自ら声明を発表するという。この発言が今後の方向性を決定づけることになる。

攻撃から一夜明けたが、トランプ大統領の最初のツイートは、「いまのところ順調だ!」と非常に楽観的な反応だった。いつも挑発的な言葉が並ぶ大統領のツイッターでは珍しい反応。現時点で犠牲者が出たという情報はない。トランプ政権の関係筋も取材に対し、「イランはわざと標的を外したようだ」と語っている。とすれば、大統領としては、柔軟な対応も含めて、選択肢が広がったことになる。

-Q.トランプ大統領は強く反撃しないこともあり得るのか?

そこについては、大事なポイントが一つある。今年秋に控える大統領選挙だ。イランとの状況は大変緊迫しているが、大統領の頭の中は大統領再選でいっぱい。つまり、今回どう出たら世論の支持を得られるか、得策かという観点からも判断するとみられる。

アメリカ国民はもう戦争にはうんざりしている。ただ、大統領と攻撃後に電話で話したという上院議員は「イランの攻撃は戦争行為」だとして、報復を促している。また、大統領の支持基盤には対イラン強硬派も一定程度いる。大統領選に向けて、こうした意見をどう受け止めるかも焦点。