日テレNEWS
国際
2020年1月14日 19:08

中国、対米貿易額前年比10.7%減

米中貿易摩擦が長引く中、中国は14日、去年1年間のアメリカとの貿易額が前の年と比べて10.7%減ったと発表した。

中国の税関当局は14日、去年1年間の貿易統計を発表した。アメリカとの貿易額は前の年と比べて10.7%減り、3兆7300億元(=約59兆円)だったという。

アメリカは、2018年は、中国の貿易相手としてEU(=欧州連合)に次いで2番目だったが、今回、ASEAN(=東南アジア諸国連合)に抜かれ3番目となった。米中貿易摩擦の影響を受けた形だが、税関当局幹部は会見で、今月15日に貿易交渉の第一段階の合意文書署名が予定されていることについて、今後の貿易拡大に期待を示した。

一方、中国ではアフリカ豚コレラの影響で豚肉が不足していて、豚肉の輸入量は前の年と比べて75%増加したという。