日テレNEWS
国際
2020年1月21日 12:18

中国専門家「ヒトからヒトへの感染を確認」

中国・武漢で相次いでいる新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎について、中国政府の専門家チームはヒトからヒトへの感染を確認したと明らかにした。

専門家チーム・鐘南山氏「ヒトからヒトに感染していることは間違いない。武漢市では明白な証拠がある。広東省の2人の患者は武漢市に行ったことがない」

武漢で現地調査を行った専門家チームのトップはこのように述べ、ヒトからヒトへの感染を認めた。これまで中国の当局はヒトからヒトへの感染の可能性について慎重な見方を示してきたが、武漢への訪問歴がない患者が確認されたことなどから新たな見解を打ち出した。

また、武漢では新たに89歳の男性1人が亡くなり、死者数は4人となった。さらに、21日も上海で新たな患者が確認され、患者数は中国全体で合わせて219人にのぼっている。

習近平国家主席は20日夜、感染拡大の阻止に全力を挙げるよう指示。中国政府も、発症後、迅速な報告を義務づける「伝染病予防法」を適用することを決めるなど対応に追われている。