日テレNEWS
国際
2020年2月5日 5:22

新型コロナ 世界経済への深刻な影響に懸念

新型コロナウイルスへの日本国内での感染者が23人に増える中、感染者は世界で2万人を超えた。4日夜の深層NEWSに出演した専門家は、世界経済への深刻な影響に懸念を示した。

第一生命経済研究所 永濱利廣・首席エコノミスト「だいたいショックが起きたときに、経済対策やりすぎてバブルになって、その後さらに大きなショックが来るというのが歴史の繰り返しなので、私はむしろそちらの方を、アメリカとか中国には警戒している」

日本総合研究所 呉軍華・理事「短期的な経済の影響は懸念要因だが、今回の感染症の問題から発した警鐘をきちんと勉強しないで、いつかまたもう一回出てくる。この方がある意味、中長期的にみるとより重要ではないかと思う」

一方、感染症に詳しい東北医科薬科大学の賀来満夫特任教授は、「新型コロナウイルスの致死率は低いと推測する。それゆえ、症状の軽い感染者が、お年寄りなど抵抗力の弱い方にうつさないようにすることが重要だ」と指摘した。