日テレNEWS
国際
2020年2月25日 0:01

NYダウ 一時990ドルあまり急落

日本時間24日午後11時半から取引が始まった24日のニューヨーク株式市場ダウ平均株価は、取引開始直後から急落し、一時990ドルあまり値を下げた。

新型コロナウイルスの感染が韓国やヨーロッパなど中国以外にも急拡大したことで、市場に「世界の経済活動が停滞する」との懸念が広がったことが大幅な売りの要因とみられる。

市場関係者は、「新型コロナウイルスの拡大に対する市場の受け止めのフェーズが変わった。韓国やヨーロッパなど中国以外でも感染者が急増していることや、アメリカが日本や韓国への渡航情報の警戒レベルを引き上げたことなどが懸念につながったとみている」「もともと高値圏で推移していたこともあり、売りが入りやすい状態ではあった」「今後は感染者数の増加ペースと広がりが焦点になる。イベントの自粛や渡航制限など経済を失速させる動きが広がっていくと、景気失速は避けられないだろう。世界同時株安につながる恐れもなくはない」「明日の東京市場はこの株安に円高が加わるので、このままだときつい相場になる可能性もある」と話している。